占い 手相 家相 墓相鑑定&カウンセリング個人セッション レイキ伝授講座&クリスタルヒーリング講座&1日体験セミナーを開いています
カテゴリ
全体
初めまして
気づきとは?
愛とは
マスタ-とは
魂の伴侶 ソウルメイト
偶然の一致
前世療法 退行催眠
守護神とは
念とは
浄霊
心の病気
先祖の供養の仕方
霊媒心質 体質
自己治療のやり方
自分を癒すツ-ル
鍛える事の必要性
癒しの必要性
プラス思考の恩恵
言霊 (ことだま)
夢の世界
愛する人々の健康のための祈り
奇跡を信じて
オ-ラ (生体エネルギ-)
チャクラ ( 1 )
チャクラ ( 2 )
祈り の必要性
生きることの意義
執着心
家族
降伏と解放
心の管理
心の不管理から招く病気
反面教師
心友
死 とは
死後の世界
天国と地獄
墓の必要性の有無
学び
EM菌の効果
地球温暖化
奉仕
心の中に潜む恐れ
エドワード・バッチ博士
大天使オラクル・カード
躾の大切さ
価値観の相違
離婚
自殺
使命と犠牲
四柱推命占い
嘘も方便
今年をふりかえり
賀正
初夢
初夢の解釈
一年の計
宮古島の神秘の庭
恋の魔力
経験と理解
心の平和
メッセンジャー
インディゴ・チルドレン
フラワーエッセンスの効能
魂の親様
想念界と地獄界
強制除霊
遠隔浄霊 (遠隔治療)
暴力
年相応の悟り
悔いのない人生
目標
選ばれし者達
暗示
謹賀新年
失敗は成功の基
日々の感謝
賀正
初夢
後悔と反省
輪廻転生
歪んだ欲望
変容の時期
夢を叶えるスキル
ご予約有難うございます
お問い合わせ ♪
感想を頂きました♪
また 生まれ変わりたい
1日体験セミナー参加者募集中
思考の自由選択
ブレスレット手作り講座
アドレスの不具合のお知らせ
クリスタルのパワー
個人セッション・メニュー
レイキ伝授養成講座のお知らせ
謹賀新年
心に響く言葉を頂きました
未分類
頭で考えること
信じる力
成功の波
三枚のカ-ド
柚子ジャムを作りました
パワ-スト-ン トップ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:心の病気( 1 )
心の病気
この時代に 何と心の病に冒されている 若者の多さには 驚きです。
物が溢れてお金さえあれば 何でも手に入るこの時代に 心の貧しい人達が溢れかえってるなんて なんと皮肉な事だとお思いになりませんか?
国民の生活が豊かになり過ぎて 自分の子供時代には 貧しくて親から欲しいものを 買って貰えなかった思いが 自分の子供達には充分に与えすぎ 我侭な子供達に育ててしまった結果だと思います。

私達大人が今の成人した若者達の親ですが 良かれとした親心の 結果がこれでは反省しなければいけないですね。
よく新聞に出ていますが 親殺し 子供殺しの事件の多さには 吃驚します。
どちらにも言い分がありますが 大人が精神的に成長してなくて (産めよ 増やせよの政治的な政策の為 子沢山になった) 戦後に生じた子沢山政策の時は 国民は貧しく毎日  白いご飯なんて食べられなかった時代です。
親も一人一人構ってる事なんて出来ない 上から順番に 下の子の子守りをするのが当たり前だった時代です。

でも 今から思えばこれが 私達の思いの中に 自然に芽生えた野心を 知らず内に育て 社会人になってからは どうしたら生活に余裕が出来るか お金の苦労をしなくて済むか 人より少しでも良い暮らしがしたいと 何をするにもその事が頭から離れなかったですね。
今 ぞくぞくと戦後の日本国を 支えてきた人達が 皆さん停年を迎え 現役から退いていっています。

この時代の私達は家庭を顧みることなく 働け 働け と不自由してきた子供時代を取り戻すかのように 仕事と遊びに夢中で生きてきた 本人からすれば悔いの無い人生と 言うべきでしょうか 子育てを女房一人に任せ お説教だけは言う 普段子育てに参加していない分 子供からすれば たまに顔をみる同居人としか 見ていない人が怒るのですから  気分が良くないし 反発して 言う事を聞く訳が有りませんね。
その子供たちが 今の時代に大人になり 結婚して子供を産み 母親からの狭い知識と学校 学友からしか 教育を受けていない若い者たちが 親として子育てをし 又 停年を迎え何もする事が無くなった男親が 孫の子育てに加わり 甘やかす事この上なしの 猫可愛がりするものですから 尚更 我侭な子が出来て当然ですね。

その結果 自分の思う通りに行く間は良いのですが ひとつ行かなくなると 本人はパニック状態に成り 暴れたり暴力を 振るうようになっていくのです。
今のこんな若い人たちの罪は 私達の時代の子育ての 結果だと思います。
年を取ると 自分の非を認めなくなり まして子供達には 尚更 心の中で思う事と 口に出る言葉とが違い 自分でも素直じゃないなと良く思います。

子供達ばかりを非難しますが 大人達の責任でもある訳ですから もっと国が対応してくれたら良いと思います。
今我が子が 心の病気で病んでいるとしたら 果してこの病気を真剣に受け入れてくれる 病院は有るのでしょうか?
保険制度の問題で 薬がいらない症状は病気の対象外と判断され 病院側は必ず薬を出し 治療を施さないといけないシステムだそうです。
薬がいらない病気だってあるのに それは対象外だとは 国は国民から高い保険料を集めていますが この中の何%の人が保険を使用しているか 年に何十万も払い一度も病院に行った事もない人だって居るのですよ。

くどくどと国の政策のやり方に反発を感じながらわが身一人 一人言を言った処で何にもならないかも知れませんね。
よい大人が何も出来ず愚痴を言っていたら 心に病を持つ若い人たちに申し訳がないですね。

本当に心の病を持っているのに 大人が認めようとしないで そんな子達に軟弱者と決め付けただ怒るだけの大人が居ます。
男親が多いですが この人たちは過去の自分が貧しくて何も無い時代をしっかり生き抜いてきた自負があるからなのです。
だから今の若い人たちの事を 理解しょうと思う気持ちが無い訳でなく ただただ違和感を抱いてしまうのも事実です。
心を病んでいる若者に同情して欲しいのではなく 理解し受け入れてくれるだけで良いと思います。

それからどうしたら この病気を治していけるかを考え 精神を病んでいる人達に生かしてください。
日本全国に この病気にあった治療をしてくれる病院の少ない事 大体が精神科になり 精神異常者扱いの治療なのです。
医師不足 病院不足なのかも判りませんが 薬漬けの治療のみで治るとは思われません。
確かに 私は専門家では無いので ただ批判しているだけかも知れませんが もっと真剣に国が 大人が考えなくては駄目なのではと思います。

自分の殻にこもり 外の世界が怖い

人を信じれず 自分も信じれず

ただただ自分の中から出られず

ふっと そんな自分を責め

益々 自己嫌悪に陥る

外に出る勇気が ほんの少しあれば

扉は目の前にある

開けるのが怖ければ

まず 扉の前に居よう

そうすれば 必ず 誰かが開けてくれる

信じよう 誰も自分を見捨てていないことを

[PR]
by hikarinoie | 2007-09-21 12:32 | 心の病気