人気ブログランキング |

占い 手相 家相 墓相鑑定&カウンセリング個人セッション レイキ伝授講座&クリスタルヒーリング講座&1日体験セミナーを開いています
カテゴリ
全体
初めまして
気づきとは?
愛とは
マスタ-とは
魂の伴侶 ソウルメイト
偶然の一致
前世療法 退行催眠
守護神とは
念とは
浄霊
心の病気
先祖の供養の仕方
霊媒心質 体質
自己治療のやり方
自分を癒すツ-ル
鍛える事の必要性
癒しの必要性
プラス思考の恩恵
言霊 (ことだま)
夢の世界
愛する人々の健康のための祈り
奇跡を信じて
オ-ラ (生体エネルギ-)
チャクラ ( 1 )
チャクラ ( 2 )
祈り の必要性
生きることの意義
執着心
家族
降伏と解放
心の管理
心の不管理から招く病気
反面教師
心友
死 とは
死後の世界
天国と地獄
墓の必要性の有無
学び
EM菌の効果
地球温暖化
奉仕
心の中に潜む恐れ
エドワード・バッチ博士
大天使オラクル・カード
躾の大切さ
価値観の相違
離婚
自殺
使命と犠牲
四柱推命占い
嘘も方便
今年をふりかえり
賀正
初夢
初夢の解釈
一年の計
宮古島の神秘の庭
恋の魔力
経験と理解
心の平和
メッセンジャー
インディゴ・チルドレン
フラワーエッセンスの効能
魂の親様
想念界と地獄界
強制除霊
遠隔浄霊 (遠隔治療)
暴力
年相応の悟り
悔いのない人生
目標
選ばれし者達
暗示
謹賀新年
失敗は成功の基
日々の感謝
賀正
初夢
後悔と反省
輪廻転生
歪んだ欲望
変容の時期
夢を叶えるスキル
ご予約有難うございます
お問い合わせ ♪
感想を頂きました♪
また 生まれ変わりたい
1日体験セミナー参加者募集中
思考の自由選択
ブレスレット手作り講座
アドレスの不具合のお知らせ
クリスタルのパワー
個人セッション・メニュー
レイキ伝授養成講座のお知らせ
謹賀新年
心に響く言葉を頂きました
未分類
頭で考えること
信じる力
成功の波
三枚のカ-ド
柚子ジャムを作りました
パワ-スト-ン トップ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:浄霊( 1 )
浄霊
神と自分の意思で 私達は皆 人間界に生まれてきたのです
神と私達は同意の上 この世に生を受けたのなら  私達は皆 神の守護が得られていて当然なのですが それでも 無事に日々生かされている事を 神に感謝しましょう。

私は この世に生を受けた時より 神と言うより どちらかと言うと 仏教の教えを祖父母より 生活の中に自然と仏に手を合わす事を教えられてきました。
なので 神には申し訳ないのですが 恥かしい話 仏様の家来が神様だと 30代迄ずっと思っていました。

叔母が 若い頃お寺で修行され 尼さんになってからは親類中が法事 仏教の儀式 一切を取り仕切ってくれていた関係で 他の子よりお寺に行く機会が多く お説教等の話を聞く事も多かったので なおさら一番偉いのは仏様と 仏様オンリ-の私でした。
30代半ばより   四柱推命 墓相 家相 手相 方位学 深層心理学 を学び占いをしてきました
毎日占いをしていく内に 月に一度は身体の痛みに耐えかねて 寝込む日があり その都度 尼さんである 叔母さんに淨霊をしてもらう事が多くなっていきました。

そんな時 一人の男の人が家族と親戚の人達 7人の方がぞろぞろと付き添いで 占いに来られたのには呆気にとられました。
本人は 占いに来た筈なのに一言も言葉を発せず 話をするのは家族の人か 親族の方なのです。
見かねて 本人に直接話をすると 本人曰く 「僕は占いに来たのではなく 何が原因で病気になっているかを 当てて見なさい」 と 言うのです。
占いで調べた限りでは 病気の星は出ていないので 「これは 病気ではありません 原因は 他にありますね」 と 言うと 又 「だから その原因を 先生当ててみてください」 と言うのです。
そうしたら ズシッと私の背中に激痛が走り イメ-ジが出てき お侍の無念な思いが伝わってきたのです。
背中を切られると言う事は 侍にとって末代までも恥さらしと笑われるのだそうです。
その無念な思いが この世までも念となって残り 現世の人間に救いを求めてきたのです。
本人にもその霊が見えていて 家族や親戚にその事を話すのですが 全く信じてもらえず 精神異常者扱いされて ふて腐れていたのでした。  その頃の 私はまだどうやって霊を救ってあげれば良いか思いも付かず 本人が信じる宗教があるなら そこに行って来なさいと話をしましたら 本人曰く 信じる宗教の本部が長崎にあって
遠いからと 渋る本人を説得し 行く約束をさせて 帰ってもらいました。

それからの 私の毎日は占いに訪れる人達で忙しさに追われ その男の人の事はコロッと忘れた存在になっていた頃  朝起き掛けに赤い鳥居と神社の前に それは逞しく立派なお侍が 片膝ついて 私にお礼を言うのです
何のことか判らず 不思議な夢を見たな位に思っていたのです。
外の畑で農作業していたら 男の人が顔面一杯笑顔を浮かべ 門を入ってくるのが見えました。
その顔を見た瞬間 夢の意味が理解出来ました。
浄霊が済んだ後 お侍が言われたそうです。
このお礼は この男の人の子孫孫 末代まで守護すると言われたそうです。

この人ように 自分の先祖方の中には 昔救ってあげた霊たちがいて このお侍のように子孫末代迄 約束通り守護をしてくれている子孫達が居れるのです。
残念ながら その子孫は自分達が 高貴な神に守護されているなんて 思ってもいませんから当然ながら その神と会話もしなければ 感謝もしていないのです。
何方にも 皆さんには 守護をして下さっている神様が居られる事を 信じてください。
信じ 自分の神様と深い絆が生まれたなら 普段の生活にも 自分の思考にも目に見えて変化が起こり始め 自分でも不思議な気分になります。


我は いつも汝と共にいる

汝が 笑えば 余も笑い

汝が 泣けば 余も泣く

神が 笑い 泣くのは 可笑しいか

余と 汝は 一体だと知れ

余は 汝と共に体験する

by hikarinoie | 2007-09-17 21:15 | 浄霊