人気ブログランキング |

占い 手相 家相 墓相鑑定&カウンセリング個人セッション レイキ伝授講座&クリスタルヒーリング講座&1日体験セミナーを開いています
カテゴリ
全体
初めまして
気づきとは?
愛とは
マスタ-とは
魂の伴侶 ソウルメイト
偶然の一致
前世療法 退行催眠
守護神とは
念とは
浄霊
心の病気
先祖の供養の仕方
霊媒心質 体質
自己治療のやり方
自分を癒すツ-ル
鍛える事の必要性
癒しの必要性
プラス思考の恩恵
言霊 (ことだま)
夢の世界
愛する人々の健康のための祈り
奇跡を信じて
オ-ラ (生体エネルギ-)
チャクラ ( 1 )
チャクラ ( 2 )
祈り の必要性
生きることの意義
執着心
家族
降伏と解放
心の管理
心の不管理から招く病気
反面教師
心友
死 とは
死後の世界
天国と地獄
墓の必要性の有無
学び
EM菌の効果
地球温暖化
奉仕
心の中に潜む恐れ
エドワード・バッチ博士
大天使オラクル・カード
躾の大切さ
価値観の相違
離婚
自殺
使命と犠牲
四柱推命占い
嘘も方便
今年をふりかえり
賀正
初夢
初夢の解釈
一年の計
宮古島の神秘の庭
恋の魔力
経験と理解
心の平和
メッセンジャー
インディゴ・チルドレン
フラワーエッセンスの効能
魂の親様
想念界と地獄界
強制除霊
遠隔浄霊 (遠隔治療)
暴力
年相応の悟り
悔いのない人生
目標
選ばれし者達
暗示
謹賀新年
失敗は成功の基
日々の感謝
賀正
初夢
後悔と反省
輪廻転生
歪んだ欲望
変容の時期
夢を叶えるスキル
ご予約有難うございます
お問い合わせ ♪
感想を頂きました♪
また 生まれ変わりたい
1日体験セミナー参加者募集中
思考の自由選択
ブレスレット手作り講座
アドレスの不具合のお知らせ
クリスタルのパワー
個人セッション・メニュー
レイキ伝授養成講座のお知らせ
謹賀新年
心に響く言葉を頂きました
未分類
頭で考えること
信じる力
成功の波
三枚のカ-ド
柚子ジャムを作りました
パワ-スト-ン トップ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:家族( 1 )
家族
最も一番 絆の深いこの世だけの家族と言う形の ソウルメイトなのです
この世で 出会うソウルメイト達は数多く居りますが この世に誕生した時より 死を迎える瞬間まで共に学びあう時間が一番多いのが 家族たちです

家族と言っても 大家族から小家族まで 家族の形は多種多様ですね
家族の人数が多ければ 学びも何倍にもなりますし 人数が少なければ 又 別の学びがあります
前世では学び終えたもの復習 又は学び得なかったものを今世紀に持ち越し より多くを共に永い時間をかけ ゆっくりと学ぶ家族の構成が あなた方や私達が望んだ今回の学びの為に必要な家族の形です

今の家族の形の中で 祖父母 義理の祖父母 ご両親 義理のご両親 夫 子供達 自分自身に対して 不満や 過去に受けたトラウマ 恨み 憎しみ 悲しみ 引きずっている様々な感情 後悔や懺悔 又は感謝 等は 今世紀に学ぶべくして起きている課題なのです

今現在 おきている問題が子供の事とします

子供と相性が悪い する事なすこと 一々気に触る 話しかけられても話し相手になるのも煩わしい 可愛いと思えない 勉強が出来ない 宿題をしない と自分自身が親の立場から見て こんな風に もし子供に感じている自分が居たとしたら こう考えてみてください

今与えられている課題は 自分自身の子供のころ 親に対して同じ事をしていた子供であった事を 冷静に判断してみてください
必ず思い当たる事がある筈です
思い当たったら 素直に心の中で良いから 親に対して謝罪してください
自分自身が子供を授かり 子育てをして行くうちに 子育てしてくれたご両親や祖父母達の自分に向けられた 様々な感情を思い出して 子供のころに蓄積されたトラウマや 誤解の感情を清算する期間だと思われます

私も子供のころ 母親に捨てられ その母が再婚すると妹と二人 再婚相手の義理の父が引きと取ってくれました 母が出て行ったのは まだ4,5歳の頃の 母親が恋しい年頃の事です
引き取られた頃の私は 小学4年生で 生意気盛りが入っていましたから 随分私は反発し 子憎たらしい子供だったと 今だから思います
母が年を取ってからも 私は母の顔を見れば 何時もイジイジと言葉で嫌味ばかり言っていましたが ある日 ふっと気づいたのです 母はどんなに嫌味を言われようと 暇があれば 何時も私に会いに来るのです
それも いそいそと嬉しそうに会いに来るのです
何故か? 不思議に思い 母に「 ひょっとして 私がこんな風に 昔のことを嫌味を言えば言う程 自分の罪が消える気がしているのでは?」 と 聴きました
母は 一言「・・・・・( 照れくさそうに) そうじゃないかと思う」 と 言いました
その一言で 今までの母に対する恨みや 憎しみが氷解して 心の重みがす~と軽くなっていくのが 判りました
母は 言葉で謝罪するのではなく 私の罵詈雑言を 私の気の澄むまで 喜んで受けていてくれていたのです
これが 母の子供の私に対する愛の表現の方法だったのです
母は 私にとっては人生の教師だったことを気づかせてくれました

日々の忙しさに追われ 考える事も気づく事もせずに過した場合は 孫の子育てで復習をしても決して遅くはありません
このように 常にやり直す機会がやってきます

夫 妻 との関連
女は男を 男は女の本質 気質を学ぶべく 一つの屋根の下で 同じ食べ物や子供を通して共同体の生活の中から 互いを深く理解し あ、うん、の意思相通を学ぶのです
若い間は 互いに自分を理解して欲しいと言う一方通行だけの意思疎通ですが 長年生活を共に 同じ事で泣き 笑い 怒り 悲しみを体験していく内に 互いの思考が読めるようになり 夫という男 妻と言う女を理解できるようになるのです

皆さんの周りにも居られる 年寄りの夫婦を良く観察してみてください
年をとられると人柄が 丸くなられた方や 女の人よりイジイジして あいつは女の腐ったような奴だ と言われる方等 年をめされると変わられる方が多いですね

内の主人は若いころ 家に居るときは 主人の周りだけ空気が 何時もピリピリと張り詰めており それが子供達や私に伝わり 言葉さえかけることがはばかれる位 気を使う人でしたが 神を信じるようになってからは お互いに良く心を開くように喧嘩をして 考えの相違や 今まで理解しようともしなかった事にも 少しずつ関心を持つようになり 今は私の顔色一つで察知し 自分から話しかけてくれるようになりました
お陰で 何時までも怒りや 悩みを持ちこす時間が短くなり それこそ あ、うん、の呼吸で互いの思考が読めるようになってくれて 随分私は楽をさせてもらっています

まだ私達が若い頃 年上の方が 本当の夫婦と呼べる様になるには 50歳を過ぎないと判らないよ と 言われた事の意味が ようやく判って来ました
 

女の人は 年をめされると段々男の人のように 言葉使いから考え方 話の仕方 態度 歩き方容姿さえ 男の人のようになってきます

このように見ていきますと 男女共に 中性になっていくように感じます
そう話してる私が まずそのようになって来ました
皆さん すべての方がそうなるとは限りませんが 中身の男らしさ 女らしさは若いときより意味が変わってくる事は仕方がない事ですね

今現在 様々な事が起きているのなら 過去に蒔いた種が時期相応に芽を出している状態なので 早く気づいて大地にしっかり根をはらない内に 対処する事です

蒔いた種が発芽した時に起きる問題は 自分が起こした問題事より何倍も 事が大きく自分に帰ってきます

私の大切な友人が このブログ 「家族」 を読んで 「主人や子供の事で悩みや不満を持っている人が沢山いる」 「皆が家族は自分自身なんだと 早く気づけばどんなに救われるだろうと常々思う」 と このブログの短い文から ここまで深く理解してくれたのかと 私は感激しました

家族と言うテーマは 感嘆には語れないところがあります
人それぞれの家族のあり方に理想があり その目標に向かって日々皆さんは頑張っていると思います



 
by hikarinoie | 2007-11-27 21:18 | 家族