人気ブログランキング |

占い 手相 家相 墓相鑑定&カウンセリング個人セッション レイキ伝授講座&クリスタルヒーリング講座&1日体験セミナーを開いています
カテゴリ
全体
初めまして
気づきとは?
愛とは
マスタ-とは
魂の伴侶 ソウルメイト
偶然の一致
前世療法 退行催眠
守護神とは
念とは
浄霊
心の病気
先祖の供養の仕方
霊媒心質 体質
自己治療のやり方
自分を癒すツ-ル
鍛える事の必要性
癒しの必要性
プラス思考の恩恵
言霊 (ことだま)
夢の世界
愛する人々の健康のための祈り
奇跡を信じて
オ-ラ (生体エネルギ-)
チャクラ ( 1 )
チャクラ ( 2 )
祈り の必要性
生きることの意義
執着心
家族
降伏と解放
心の管理
心の不管理から招く病気
反面教師
心友
死 とは
死後の世界
天国と地獄
墓の必要性の有無
学び
EM菌の効果
地球温暖化
奉仕
心の中に潜む恐れ
エドワード・バッチ博士
大天使オラクル・カード
躾の大切さ
価値観の相違
離婚
自殺
使命と犠牲
四柱推命占い
嘘も方便
今年をふりかえり
賀正
初夢
初夢の解釈
一年の計
宮古島の神秘の庭
恋の魔力
経験と理解
心の平和
メッセンジャー
インディゴ・チルドレン
フラワーエッセンスの効能
魂の親様
想念界と地獄界
強制除霊
遠隔浄霊 (遠隔治療)
暴力
年相応の悟り
悔いのない人生
目標
選ばれし者達
暗示
謹賀新年
失敗は成功の基
日々の感謝
賀正
初夢
後悔と反省
輪廻転生
歪んだ欲望
変容の時期
夢を叶えるスキル
ご予約有難うございます
お問い合わせ ♪
感想を頂きました♪
また 生まれ変わりたい
1日体験セミナー参加者募集中
思考の自由選択
ブレスレット手作り講座
アドレスの不具合のお知らせ
クリスタルのパワー
個人セッション・メニュー
レイキ伝授養成講座のお知らせ
謹賀新年
心に響く言葉を頂きました
未分類
頭で考えること
信じる力
成功の波
三枚のカ-ド
柚子ジャムを作りました
パワ-スト-ン トップ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
メッセンジャー
この世に存在する男女問わず 全ての人々がスピリチュアルティは等しく 誰の中にもあり メッセンジャーだと言うことを理解してください
自分自身がメッセンジャーだと認める 目覚める 拒否する 無視するかをいつの間にか自然に選択している自分達がいます その道を選ぶかどうかはその人達次第です 

拒否 無視する方々は 認め 受け入れ 目覚めると 待ち受けているものの何かが不安の感情として湧き上がり 何故そうなるのかが判らないまま 尚更不安をあおる感情が湧き上がるので スピリチュアルな話の事となると 益々頑な姿勢を保ち崩さなくなります

同じメッセンジャーとして果たさなければいけない使命を持った人達でも 目覚めるのに遅咲き早咲きな方たちがいて若きし頃より試練 又は苦労という体験を重ねる学びをしながら覚醒していく過程を得て道が開き 精神世界に目覚めていく人々もいます

精神世界に目覚めた方々は 嬉しさの余り早急に周りの人達を目覚めさせたくて足並みを揃える事を忘れ一人だけ先に急ぎすぎる事が大いにあり 周りの皆さんは折角あなた方の考えに賛同してくれたのに関わらず追い着いて行くのに辛くなり 途中棄権したり 挫折したりする人達も出てくる事を考えて先走りする事無く 周りの方たちと足並みを揃える事を怠ってはいけません


メッセンジャーとしての注意点
(乾いた土が水を吸収するがごとく 水を求める事に貪欲になった理解力の早い人は(一を聞いて十を知る) 理解力にかける人に(一を聞いて十を問う)に対して意識せずに傲慢な様子や見下す言葉や行動がつい出てしまうものですし 相手もそのように受け取ってしまう恐れがあるのです それから興味を持たない人や拒絶反応を示している人に対しても 例え夫婦であろうと精神世界の学びを強要してはいけません 何故なら 強要して心の扉を無理やりこじ開けて押し付けてみても 逆にその反動で固く扉を閉じてしまうと その扉をこの次は何時あける機会が訪れるかの予想が全く出来なくなる結果を招くからです
それより 「貴方は貴方 私は私と その時がくればその時には救ってあげれる位に力を蓄えておくね」と包容力を持ち 見守る愛の形を持つ事です 貴方達の精神世界に生きる後姿を見ていて自然に相手から打ち解けて来るまで待つ事です

最初は小石から投げると書きました 波紋の輪が障害物に当たり 其処から又別の波紋が出来るか そこで消えるかは全く予想は出来ないので 小石の投げるタイミングは貴方達の判断を信じて任せます が 極力波紋の反応をよく窺がいながら進んでください

皆さんが メッセンジャーとして活躍していく中には 色々なことがおきてきますが それも学びだと割り切っていくか 消極的になるかですね  その人の知恵と経験をどれだけ周りの方が認め受け入れてくれるかは その人の今からの生き方や人柄による事を理解してください)


皆さんもこんな事をふっと思ったことは有りませんか?
普通に日常の生活を送っている何気ない時に 「何か大切な事を忘れていて思い出さない 不思議な感情?」 「なにか思いださなければいけないのでは?と 思う不安感」又は「こんな呑気な事をしていてはいけない 何かしなければと思う焦り」「私は何かをしなければいけない でも?何を?」「私は何の為に生まれてきたのだろう?」「私がこの世に存在するには何かの意義がある筈?」「私しか出来ない事 私でも何か出来る事がある筈」 と思ったことは無いですか?

私達はただ子孫を残すだけの事で この世に存在しているのではないと思います
昔からこんな言い伝えがありますね「国を動かすのは男 その男を動かすのは女」だと 私達女は何時の時代でも男を 国を動かす土台になってきたのです
だから女の事を「縁の下の力持ち」と 言われてきているのではないでしょうか
自分達の無力さを嘆く前に 私達はずっと昔から 国を司る男達を動かす力があることに気づき勇気と自信を持ち 自分が今置かれた立場から小さな小石を どんな形で投げていけるかを考えて生きてみましょう 

メッセンジャーとして自分の役目を果たすには 幾つかのパターンがあります
自分の生活環境 交友関係 人間関係 職場関係 仕事関係 を通して其々がその役目を果たしていく役割があります 政治家ならその地位を利用し その世界をまたがる交友関係を作り輪を広げ その広範囲の人間関係を通じてより良い国政に変えていく一役を果たす事だって出来る筈です

多くの方や私達には 限られた範囲の人間関係しかありませんが 静かな池に小さな小石を投げれば静かな波紋は緩やかですが広がっていきます
誰かが小石を投げるのを黙って見守るのではなく 一人一人の方々が小さな小石を投げていかなければいけないのです

小石という道具は 其々皆さんが持っているものです
例えば 趣味を生かした人間関係から 職場の仕事を生かした 人間関係のちょっとした言葉かけ(労い 思いやり 励まし)をしていく事から始めるとか 皆さんが持っているものから出来る事を考えてみてください

郵便配達の方みたいに 自分が任された郵便物を相手に渡すまでは 自分の仕事に責任があります ですが渡した後 ウッカリミスで紛失しようが封を切らずそのまま捨てようが 其処までは責任をとってはくれないし とってあげる必要もありませんね このように ただ渡すだけのメッセージもあり 渡した後の動向までも気遣う必要はないと考えてくださいね
そうする事で 自分を振り回す事もなく直に次の人へのメッセージを渡しやすくなる事を理解してくださいね 

渡されたメッセージの内容を不信に思うか 又は自分自身で理解することを面倒がるかした人達は 一を聞いて十を問う 事を当然のように メッセンジャーに求めてきた場合の対応は 自分自身が考え理解しようとするのではなく 他人の意見を先に求めてしまう人達は 一見理解した風にみえるだけで 自分の知識として学びにはならず 実は全く理解できていない事を知り 良かれと思い一から十迄 根気良くお節介をやいた人は 後にガックリさせられる事になるので 一を聞いて十を知るように導いていく事を必ずメッセンジャーとして上に記載した注意点として心がけてください

成人し 生きていく道として仕事でお金を得 家庭を持ち子供を授かり一人前に育てて義務を果たす事は 誰にも共通する生きて子孫を残す目標です それ以外の目的がある事は 生活していく内に内面から湧き上がる自然な感情が教えてくれるのです
内面から溢れる感情は意識し熱望すれば現実として表れます
人其々の望む形に違いが有り 貴女が望む形ではないかも知れませんが あなた方や私達が望めば本当にやってくるのです

信じれば神と私達の間にはどんな事だって可能なのです
叶って欲しいと願えば必ず叶うと教えてくれています
私達は神の子です 自分に対する否定的な裁きは止めて ありのままの自分を楽しみなさいと教えてくれています

信じてください 私達は神との間を取り持ち まだ覚醒していない方々へメッセ-ジを渡すべく人に渡し 互いに目覚めを促す役目を果すべく 役割を持っていることを思い出だしてください

私達や貴方方は皆さんメッセンジャ-だという事を信じて行動してください

「予言では 力を持って歩むのは女性達だ、とも言われています。
女性である私達の前には 途方もない道のりと責任があるのです。
一生を通じて 女性は人の世話をして「母」の役割を果たします。
そういうふうに生まれついているのです。
自分の魂を表すことが出来るよう心を解き放つというのは、、女性にはとても、とても大切な事なのです。
一瞬一瞬安定した気持ちを保ち、何時どんな時でも100%の力で祈る事を学ばねばなりません。
安定をかいて人生に翻弄された時には、少しでも早くその一瞬だけ自分を取り戻すのです。
一時に一瞬ずつ、すぐに物事を変えようなどと思ってもそんな事はできません。
それぞれの一瞬に、その瞬間の100%の心使いを示すのです。
時には難しく感じますが、女性性のスピリツトは今とても力強い形でここに存在しているのです。」
安定するというのは、この足元の土を通じて地球の中心から溢れる愛と育みのエネルギーが動くのを感じ、次にこの頭上の空気を通じて天空の中心が動くように祈り、二つのエネルギーを自分という存在の中心で一つに合わせることだ」とグランマー・フロルデマヨは説いています。
こうしてつくりあげたエネルギーを必要なだけ外に向かって放射する事ができるに違いありません。
祈りは想像を絶する程必要とされているのです。
「私達の言語や宗教が違っていても支障にはならず、それは尊く慎ましいものである真の祈りとは関係ないのです」
「混沌として厳しい世の中です。 そこには見て、 体験し、聞く事が沢山あります。 心を集中し、祈るという二つの方法で、恐れをコントロールすることができるのです。
繰り返し何度も祈りなさい。」

            グランマザー・フロルデマヨ著 引用しました
心の平和
心の平和を 日々保つ事の難しさの解消の仕方を 私なりに思考の整理をしながら知恵を絞り書いてみました

耳に痛いことを聞かされたり 嫌な人と会ったり 人の話し方に気に障ったり イライラする人の話を聞いていなくてはいけなかったり 嫌な話を聞いたり 嫌な知らせを聞いたり 人の言動に悪意を感じたり その日の気分によって体が辛くやる気が失せたり 希望をなくしたり 逆境に陥ったりすると 誰でも心の平和を保てず乱されてしまいます
心の平和を乱され パニックに陥ったとき頭が真っ白になり 益々泥沼に嵌ってしまい 知恵さえも活用できず 問題事を益々複雑化してしまう癖が出てきてしまいます

一つ問題事を複雑化して捕らえてしまうと すべてが一大事に見えて 次から次へと対処する事がすべて裏目に出てしまい益々複雑化するというドラマを起こしてしまいます
一つのドラマを起こしてしまうと もうパニックに陥り 解決法と向き合う事が出来なくなり 心を閉ざす事を最終的にとるか このストレスの逃げ方として誰かのせいにして挙句の果てに逆恨みという解決法を選んでしまいます
この方法は決して解決法ではなく 益々心の平和と言う解決法から遠のき かえって平和どころか 心の中には地獄の世界を作り出し 常に心の世界にストレスが蠢いていて辛くて心が悲鳴をあげるようになります
何とかしなくてはいけないと気づきながらも 暗い気分に押し流され最低の人生だと思い込んでしまう事は 私達は多かれ少なかれそうなのです
ドラマの中に入ってしまうと客観的に物事を捉えることが出来なくなり 楽観的な物事を考えられなくなってしまう
心の世界とは 気分の良い日と悪い日では天国と地獄の差ほどあります

気分の良い日は 全てに感謝が出来 そんな時には普段の知恵が上手く発揮でき どんな問題ごとでも解決できる気になります
ですが 気分が落ち込んだり悪くなると生きていくのが辛くなり 人生を放り出したくなってしまうから不思議な事です
それくらい 自分を支配しているのが 自分の心の世界 気分だと気づかされ思い知らされます

その気分から抜け出る方法は 一番身近な人々 それは家族ですが 特に配偶者や子供からの心温まる優しい一言の言葉を貰った時は一瞬にして天国にいるような心地になります    又逆に 何かアドバイスをされたとしても聞く心を持つ事の難しさ それは照れくささや 恥ずかしさ 頑固さやプライドと言った事から素直さに欠け 心の扉が自然に閉ざしてしまうのも家族です
そんな時には 素直に聞き入れてみてください
自分の成長を促すチャンスを遅れさせたくなかったら 強すぎる頑固さやプライドをちょっと横に置いて自分を向上させる機会だと思って 素直になってみてください
素直に対応する事で アドバイスをしてくれた本人も気分が良くなり そんな相手を見ているだけで嬉しくなる自分が居る事を体験してみてください

心の平和を心がけるに必要な事を記載します

☆ すべての悩み事は小さな事と自分に言い聞かす
☆ 自分にも人にも思いやりを持つ
☆ 人の話をよく聞き 聞き上手になる
☆ 夫婦間の揉め事は小さな間に話し合い 翌日に持ち越さない
☆ 自分なりのストレス解消法を見つける
☆ 一日に一~二分 腹から大声をだして歌を歌う
☆ 持って無いものを嘆くより 持ってるいて有るものに感謝をする  
☆ 毎日自分の為の時間を作ろう
☆ 朝の内に大切な人のための幸せを祈る
☆ 朝目覚めた事に感謝する
☆ 人に与える親切は小さなことにする
☆ 自分からお節介をやくのはやめる
☆ イエス、ノ-ははっきりと言う
☆ 否定的な思考は直に流す
☆ 自分にあった運動を心がける 
☆ 忍耐や我慢は 時には美徳とはいえない
☆ マイナスのエネルギーを放つ人の側にはよらない事
☆ 常に心の安心を得る状態で居る事を心がける

心の平和は 苦痛と快楽 成功と失敗 喜びと悲しみ 誕生と死 といった 相反する矛盾を理解し受け止め受け入れることで得られるものです
人生の諸問題は 私達に慈愛と謙虚と忍耐を学ばせてくれる
苦難は人の成長と心の平和に欠かせない要素だと 仏教の教えではみなされている
何の苦労もない人生には成長する機会が殆どないが 自ら問題を求める事まではしなくても良い ただ 問題から逃げたり 振り切る事に時間を費やさず それらを人生の一部だと受け入れる事に時間を費やす事にしたほうが良い                                  
                リチャード・カールソン著
by hikarinoie | 2008-01-18 14:32 | 心の平和
経験と理解
年を取られている方は やはり年輪を重ねてきた分 それなりに経験豊富です
ですが その体験を自分の人生にどれ位生かされているかによって 過去の体験が理解出来ているかどうかが分かります
年齢が若くてもただ年を召された方より 経験豊富な苦労人も居られます
ただ年を取っただけで 若い頃の未熟な自分がいた事さえ忘れたかのような人達も居られます

そんな方の口癖は 「私の若い頃は もっと利口だったし もっとしっかりしていた」 「俺の若い頃は貧乏だったので 我武者羅に生きてきた 今の若い者はチャラチャラして軟弱な奴ばかりだ 情けない」 と 確かに言っている事は私も理解できますが 今と昔とでは時代が違うし 今の物の溢れた時代に 私達の物の無かった時代の生き方を強制しても仕方がない事だと思われます

昔のそんな時代に私達は生きてきたからと言って 今生きている方たちより すごく経験豊富さを自負して 声を大にして言ったからといって それをどう 今の自分の生き方に生かしているかによって過去の経験の理解度が疑がわれます

問題ごとを大きく受け止め動揺したり悩んだりするのは 過去に体験や知識がないからであり もしあったとしても折角体験した事への理解が出来てなかったからです

極端な例をあげれば 目に見えない存在も見た事ない人達からみれば 見える人達を精神異常者みたいな目でみます
見えない自分に不信感を抱くのではなく 見える人達のことを異常者扱いにし 昔でいえば魔女狩りとはいかなくても そのような態度や言動で非難をします

昔の人は良くこんな言葉を言いました
「貧乏は買ってでもしろ」と この意味はハングリー精神のことを言っているのですが 貧しい米も買えない 食べれない経験をした方たちは物の大切さを知り 人の情を知っているからです

精神世界の貧しい方や幼稚な方 経験の少ない方 読書の嫌いな方は(体験する機会がない人は本を読む事で知識を得る) 沢山いらっしゃいます
経験と言っても 良い事ばかりではありません
辛く苦しい経験や 哀しい経験もしたくはありませんが こんな経験は自分の成長を促す為に与えられたもの 目で見て得る知識 耳で聞いて得る知識 は 実際心で体験しているのではないので これらから得た知識は 頭の知識の記憶という引き出しに入れておきます

記憶の引き出しに入れておいた事を 直に実体験に繋がれば その知識は生かされ理解と知恵の宝になるのですが 中々実体験に繋がらず 引き出しにしまいこんだまま放置しておくと 折角しまっておいた記憶が薄れ 終いには忘れ去ってしまうのです
一番好ましいのは 知識として仕入れたとき 直に実体験に繋がれば その事を頭と心で理解し 知識を活用できるのです
活用できたものは頭と心で理解でき 知恵として頭の引き出しにしまいます
知恵として引き出しに入れたものは 必要に応じて何時でも引き出せ 自分にも家族にも活用できる知恵袋となります
経験豊富な方は この知恵袋を沢山持っており このような方はとても魅力に溢れた素晴らしい人と人々は認めざるを得ません
この知恵袋を沢山持っている方の周りには この知恵の恩恵を受けたいと切に願う人々は 自然に引き寄せられ その人を中心に輪が広がります

皆さんも体験した事を理解し 知恵の袋を沢山持ち その知恵を自分の周りの方々と分かち合っていってくれたらと思います
恋の魔力
「 恋 」 と書くだけで この年になった私でさえもとても照れくさい 胸の奥深くにムズムズする思いがこみ上げてくる 少女のような気持ちになる不思議な響きの言葉ですね
急に ズッツト 突然初恋をしていた頃の 初心で純真な時代があった遥か遠く昔の事ですが思い出されます

人を好きになると言う事は簡単でもあり 中々難しいものでもあるのが恋だと思います
だからこそ 好きになると恋の魔力の虜になり 恋に執着してしまうと言う落とし穴にも陥り易く 互いに好意を抱いている間は良いのですが 一方の気持ちが冷めてくると その恋の終着駅だと中々気づかない自分が居るのです

自分だけの思いに執着してしまうと 相手の思いを理解する余裕がなくなり 突然疑心暗鬼に陥り 思考の働きが一方にしか働かず 偏った考え方に陥ります
その考えに執着したが最後 もうアリ地獄に陥り どんなに助けようと人が手を差し伸べても その手を払いのけるだけで聞く耳すら持ち合わせなくなるのです
恋とは 感情をコントロール出来なくなるのは普通です

終着駅に着いた事を受け入れたくない時 誰でも起こす過ちがあります
相手と話し合おうと 強引な行動や言動をとり 連絡を日に何回もするようになってしまい 相手がその連絡事項を削除する時の 嫌な感情を思いやれない自分がいるのです
会って話をすれば 必ず分かってくれる筈の その一途な思いだけで 相手の思いは理解する余裕すらない だから辛い

頭ではもう終わりだと分かっている 心の感情はまだ未練が一杯 この思考と感情が合体したときやっと知恵と意識が働きをするようになり 精神世界の大きな学びを得るのです
何処かのCMで 「恋は何時かは冷めるもの 愛は育むもの」と言っています
でも恋が出来るなんて とても羨ましい限りです
恋が出来る間は女として 男としてまだ心に色気が無くなっていない事への証明ですよ
色気がなくなると 気力も萎えて自分自身でさえ分かるほど魅力に欠けてきます

神側からみれば 人を愛する心の世界は神の世界 不倫だろうが 形がどうであろうと 人を愛する心の世界は神の御心に叶った想い 人を好きになり その人と共に精神世界を学ぶ貴重な時間なのです
愛している人と 愛憎を共に学ぶ時間に深い浅い 又は長短は関係有りません
中身が充実した学びであれば 時間は関係ないのです

恋をしている人は精神世界が満たされ オーラ迄も大きく輝き 誰の目にも分かるくらいに輝いて見えます
但し 失恋した人のオーラも分かります
恋愛関係無く 心が安定している人達のオーラーは穏やかな優しいものです
自分に厳しい人のオーラーはピリピリしたものを放っています
by hikarinoie | 2008-01-09 22:14 | 恋の魔力
宮古島の神秘の庭
宮古島の空港より車で2~3分で着く距離なので 歩いて20分位でしょうか?
そこに新城定吉さんの庭があります
かなり有名でネットで検索しても直に出てくるくらいに名が知れわたっている人物なのです
人物が有名なのか 庭が有名なのは 実際会ってご自身で確かめると良いと思われる位好感の持てる好々爺な人物です
知人が年に一度はそこを訪れ 自分の波長の合った珊瑚の岩の前にいき そこから溢れでるエネルギーをいただき メッセージを貰い 癒されてくると言う話を聞き 私も興味に引かれ 宮古島の庭の話を娘に話をしました  娘も自分も行きたいと言い出して お母さんの誕生日のプレゼントに旅行費用を出してくれると言ってくれて トントン拍子に話がまとまり 待望の宮古島の庭を拝見できたのでした

南国と言うと直に思い浮かぶのはハブの牙に猛毒  生い茂った庭に一歩踏み入れてみてもう吃驚しました
そこはジャングル地帯地面には無数の底が分からない深い穴だらけ 木の根が地面より突き出ていて 何処かに蛇がいて 咬まれるような異様な雰囲気の漂う感じがして 庭に入る事を躊躇していると 孫の声が中から聞こえ これまた二重の吃驚でした
孫は とても慎重な子で一人では何処にも行けなく 必ず誰かが側に居ないと駄目な程の怖がりやさんが 何と一人でドンドン入っていって向こうで呼ぶのです
私は思わず声を荒立て 「一人で行ってしまったら 迷子になるから離れないように」と言うと 何と孫は 「怖くないから バァーバ 早くお出で 面白いよ」と言うのです
その声に勇気付けられ 一歩 又一歩と入り やっと空が見える場所に出て 周りに沢山の大小様々の岩が両脇に置いてあって その様は神秘的と言うより異様と思える景色でした

ふっと孫の姿が見えないので 呼んでみると 遥か彼方から小さな声が 「ここにいるよ~」というのです
こっちにお出でと言うと直に来て 「あ~ここは面白いわ」「怖くないか?」「怖くない」といっておおはしゃぎで一人で探索に行ってしまうのです
ここは小さな子にも分かる 何かが働いている場所だから 怖さを感じるどころか 心地よさを味わっているような感じを受けました

その先を少し行くと 丸く芝生が敷かれその周りには大小様々な形の岩や石が置かれ その芝生には年齢関係なく男女が とても気持ちよさそうに 仰向けで青い空を見上げて寝ておりました 
私達も皆に見習い裸足になり芝生に入り 横になっていますと そよそよと風がふき太陽の暖かさが肌にあたり スッーと眠りを誘うような気持ちよさでした
今度の旅行の目的は この庭に来る事でした
日程の3ッ日間は観光はさて置き毎日 レンタルで借りた車を娘が運転して この庭に来て沢山ある岩石と会い 自分と波長のあう岩を探してあるくという日々でした
そんな日に娘が「お母さん~ ここに来て~」 と呼ぶので行ってみると そこは何回も来ているのに気づきもしない奥まった場所でした   入ってみると 其処は不思議な感じのする場所で 早速胸の上に九字を結び会話をしようと目を閉じた瞬間 光の輪のトンネルが見え 吸い込まれていくようでした
私もビックリしてしまって目を開けてしまったので そこでトンネルは消滅してしまい 残念な思いをしました
後にそこの場所の事を尋ねましたら 昔から神々と交信する拝所だと知りました

とうとう最後の日となり 帰る用意をして 又 新城さんの庭に行き 気ままに帰りの時間まで新城さんと話をしてる内に やはり庭に来ていた人達が一人二人と4畳間の部屋に入ってきて 一杯になり 二台の扇風機がフル回転しても汗だくになっているにも関わらず 誰も帰ろうとせず 新城さんの話に引き込まれていました

狭い部屋には新城さんが特別にエネルギーを感じた珊瑚の石を所狭しと並べてあり そこからでるエネルギーが私の体全体流れ とても熱く噴出す汗でハンカチがびしょ濡れになりました
沢山ある石の一つを手渡され その石のエネルギーを感じる体験を そこに集まっている人達と感じあい 帰る時間が迫る中 有意義な時間を過させていただきました

この旅行は腰の重い私にとって とても貴重な体験でした
宮古島に行きたい願望はあっても 私一人では行かなかったでしょう
娘が腰の重い私の為に お金と時間を使いプレゼントしてくれたお陰で行かれたのです 
あれから数年立ちますが まだその時の感激は薄れていません
そして 又 行くとしたら そく 宮古島に行きたいと言うでしょう

皆さんの中にも旅行の好きな方も居られると思います
一度行って見てください
新城さんがご健在の間に お会いしてお話を聞かれると良いと思います

ホテルの裏は一面に砂浜の海岸で 綺麗な海に入り 孫は大喜びで何時までも波と戯れていました
ホテルの庭から夜空を見上げたら 星が手に届きそうな近くに大きく瞬き それはそれは綺麗でした 夜になると 庭には一面にヤドカリの大群が何処からか現れるからと聞き 行ってみましたが 遅かりし 残念 間に合いませんでした
今度行ったときは 見てみたいです

新城さんが 何故?庭の岩を一人で長年かかって堀上げる事になったかの理由は 説明が長くなるので 此処では省きます
もっと詳しく知りたい 興味をもたれた方は ネットで検索し機会があれば そこに訪れてみてください
必ず不思議な体験をしてくるはずです
ぜひ 行って見てくださいね

この旅行をプレゼントしてくれた娘夫婦に感謝します

日本だけでなく世界各国の何処かに何箇所か 宮古島のような聖地が存在すると聞きます
皆さんの中に 他にこのような存在のある場所を知っている人がいれば どうか教えてください
情報を待っています

一年の計
元旦の日に 「 一年の計は 元旦にあり 」 と 一言だけ掲載しました
これは ご自身の思考を思い廻らせて 去年を振り返り 今年の抱負や計画を考えて欲しかったからです

このブログを愛読してくれている方々は 皆さんもう 今年の抱負を考え付きましたか?
今日から社会は 仕事始めに入り 主婦の方は普通の生活に戻って やっとご自身の事を考えられる時間が出来たと思われますので まだ今年のご自身の抱負や計画が立てられていない方は じっくりと去年の反省の中から出来なかった事の復習と 今年の計画を立ててみてください 

私も一年を振り返り 出来なかった事ばかりの 一年でしたので 今年は新たな気持ちで出来なかったことと 今年の一年の計画を立ててみました

  ☆ 計画を立てる上で重要なことは 自分自身の思考を知る事
  ☆ 自分の思考の中の善悪の真実を知り 受け入れる事
  ☆ 何を変えたいのか 何を叶えたいのかを ふるいにかける事

記事の何処かの項で少し記載したかも知れませんが 又此処で紹介したいと思う本があります
興味をもたれた方は ぜひ ブックオフ で見つけて読んでください 
ここでも少し内容を紹介します
この本に書いてあることを実行するのに とても効果的なことがあります
それは 月に一度決められた日に10個以内の願い事を書きするし自分の本音を知るいいきっかけになり 自分自身でも心の思惑など気づきもしなかって事に気づかされ吃驚させられます
この方法は 一番知っている筈の自分なのに 実は全く知らない部分がある事を知る事の必要性に気づくことの 作業だと考えてくれればよいと思います
そうする事で 自分自身の真実を知り 向き合うとかなり良い結果が期待出来ます

魂の願い  新月のソウルメイキング  ジャン・スピラー著 徳間書店出版 

         2008年 新月カレンダー

1月 8日 山羊座   8:37分  PM
2月 7日 水瓶座  12;45分  AM
3月 8日 魚座    2;15分  PM
4月 6日 牡羊座  12;56分  AM
5月 5日 牡牛座    9;19分  PM
6月 4日 双子座    4;24分  AM
7月 3日 蟹座    11;20分  AM
8月 1日 獅子座    7;13分  PM
8月31日 乙女座    4;58分  AM
9月29日 天秤座     5;13分  PM
10月29日 蠍座     8;14分  AM
11月28日 射手座   1;55分  AM
12月27日 山羊座   9;23分  PM



今月は明日の夜 8;37分 です
まず 1月8日 PM8:37分 になったら 便箋 又は メモ帳と鉛筆を用意して 絶対叶えたい願い事を10個以内書きます
書くときの注意点は 積極的な書き方や絶対的言い方を必ず書く事
遠慮した書き方や 消極的な書き方は願い事が叶わないと思ってください

8:37分から 36時間猶予があり 一番効果的なのは始めてから8時間内です
ゆっくりと10個内の願い事を考え 本当に叶えたい真実を書きましょう
例えば 「億万長者になりたい」 と書いたなら 要素となるその機会を逃さない事です
時間が来る迄では 何を書こうかなどと考えず 時間がきてから初めて考えてください

この方法を毎月して行くうちに 今まで書いた願い事は本当に叶えたいことかどうかの本質が分って来て 自分でも吃驚するほど 執着心や物欲主義だと気付かされます
神が叶えてくれるのですから 自分自身でも気付かない内に事柄が叶い 私達が願う方法とは違ったやり方で叶うので 願い事によっては叶っていても本人が気付いていないこともただあることを理解してください
ここに又 月の願い事を記載した訳は もっと自分自身を深く理解することの意義を知ってほしいと願うからです この方法は実に簡単に分かりやすく理解できると思いお勧めします

私も長い間 この事を忘れていましたが ふっと思い出し本を開いてみたら 丁度願い日の前日だったので これも偶然のなせるわざだと思い 又此処に記載しました

何度か 私も願い事をして 幾つかは叶いました
それも これは叶わないだろうと思う願い事のほうが叶ったので信じざるを得ません

何年か前に 娘の子は 「私 シンデレラになりたい」と願い事をしたのですが その事を本人もコロッと忘れていた頃 娘が旅行のプレゼントをしてくれました
その場所は宮古島で行きたいと願った処です
娘達も同行してくれ4,5日のゆっくりとした日程を取ってくれてとても楽しかった思い出の地です
ホテルの広い敷地を11月だと言うのに良い天気で 風は肌に気持ちよくあたり散歩しながら貝殻を拾い 隣の土産店に行き写真をとりました
その記念写真を録りながらふっと気づきました
孫がシンデレアの衣装をまとい 背景がお城なのです そこに立ち満面の笑みを浮かべて喜んでいる姿をみて 「何々ちゃん 願いが叶ったね シンデレアになったよ」と言うと 孫は「本当だ~ 」と大喜びでした 今の時点でのこの子が願う願い事の叶い方なんだと理解できました

この本にはその他の願い事の仕方や 私達の魂の真理を理解し磨かれていき 現実化する方法が記載されています
守護神や天使達は 私達の魂の側にあり 心に描く願い事を叶えてあげようと支援してくれています
私達が手を伸ばすだけで良いのです
もっと詳しく知りたい方は この本を購入して読んでみてください

一年の計を願い事とプラスしてしていくことを進めます
by hikarinoie | 2008-01-07 10:15 | 一年の計
初夢の解釈
初夢の解釈

大きな建物の畳の一室  これはネットの中の一つ 私のブログの世界の事と解釈しました
年齢関係なく 机を並べ学び会う生徒 (友) なのに 隣同士 学びあう者同士の横の繋がりも絆も会話もない者達をいい この部屋の中や自分の隣に素敵な人達が居ることも知らず  一人一人の孤独な心や迷路に迷いこんだ思考を見出す事や 癒す事が出来ず 又 他の世界へ自分探しに行ってしまう人達が居ると 解釈しました

このブログを読み もし貴方達がここに記載している記事に賛同してくれているならば 貴方達が中心となり 心の友の輪を作って行ってはもらえないでしょうか
他人には話せない悩み事を抱えている方々は 貴方達の隣に居るかも知れないでしょう
貴女が相談に乗れないと思われるのなら このブログを読む事を勧めてみてください
そこから 隣人と会話をする機会を作り 友達の輪を広げていって欲しいのです
初対面で感じた印象と 話してみると意外と思われる位印象に違いのある人もいて 楽しいですよ

次の夢の解釈は 裸部族の家族と言える部族の皆が飢えをしのぐ為にオオダコを命をかけてやっと捕り それを部族皆で担ぎ 一人一人が喜びに溢れ意気揚々と帰っていく夢です
文明とはかけ離れた自然と生きる部族 部族一体が家族 獲物を皆で公平に分け合い 男女年齢関係なく平等に分け合う絆の深さだと思います
文明とはかけ離れた自然と共に生きる少人数の部族には 人と人との絆と連帯感があり 文明と生きる私達には無い連帯感や絆をいっているのではないかと思われます

「部族が生き残るための基本は 自然のみならず人間と調和した生活をする能力だった 部族の強さは家族が基盤であり それぞれの家族が幸せである事がコミュニティの幸せに不可欠だ」 と あるグランマザーは述べています

上の夢と 全く関係ないようにみえて実は繋がりがあると思えるのです
友達や知人や他人が 肉親のように思える方達も居ります
そんな人達を このブログをお読みの方々は 自分を通して輪を作りたいと望んでいる方ばかりだと 信じます

精神世界を求めて集う心友達の輪は光に包まれ 周りの空気も色も違っています
皆さんも試してみてごらんなさい

前ページの項の初夢をお読みになって 貴女はどう解釈してくれたでしょうか?
初夢
初夢は
「 一富士 」 「 ニ鷹 」 「 三茄子 」  と 昔から言われるように 縁起の良い夢とされています

私には この三つの夢を見た事が無いのですが これが本当に縁起の良い夢なのかどうか分りません

これから 私が見た夢を 覚えている限り正確に記載したいと思いますので このブログをお読みくださった方に それぞれに夢の解釈をしてみてください

大きな建物の中の畳の一室に 年齢関係なく男女がめいめいに座り何かを勉強しているのです
同じ学びの友なのに 話すことなく 唯一緒に勉強しているのです
私が座る位置は決まっていて 後ろの壁にもたれ横には なんと木村拓哉が居るのです
せっかく横に居るのに 話すことなくただ居るだけなのですが それが木村拓哉はつまらなく嫌になったのか ブツブツ言いながら何処かに行ってしまったのです
そこで 吃驚して目が覚めました
その夢の意味をどう解釈したら良いのかを考え 自分なりの答えを出しました

それからまた眠りにはいり 今度は又違う夢を見ました

何処かの防波堤のある港に それはそれは見た事もない 大きな赤いたこが 裸部族に捕まえられて 一人一人が持ち運び出来るように解体されている所に 私がいるのです
そのたこ一匹で 部族全体に行渡る食料が確保できた事にほっとしている様子がみれました
皆の顔が喜びに溢れていました
そこで又目が覚め その意味を考えました

この夢のメッセージは何を言わんとしてるのかを考えました
皆さんも 夢を見ましたか?
見たのであれば 貴方なりに夢のメッセージを読みとってください
今年初の 今年一年の自分へのメッセージですから 意味をよく考えて見てくださいね
by hikarinoie | 2008-01-02 11:37 | 初夢
賀正
新年あけましておめでとうございます

今年も よろしく お願いします
牡丹雪がふり 見渡す限り 真っ白に染められ 元旦に相応しい朝を迎えました





  一年の計は 元旦にあり


by hikarinoie | 2008-01-01 08:54 | 賀正